ダイソンHP09とHP07の違いを徹底比較!おすすめはどちら?

空気清浄機

ダイソンHP09とHP07の違いを徹底比較!おすすめはどちら?

ダイソンHP09とHP07は空気清浄機、扇風機、ヒーターの3機能が備わった空気清浄ファンヒーター。

両モデルは発売された年が異なります。

  • HP07=2021年5月発売
  • HP09=2022年10月発売
それではまずは結論から!

HP09とHP07両モデルの違いは3つです。

  • ホルムアルデヒドを検知、分解する機能のある/なし
  • カラー(ゴールド/シルバー)
  • 価格

*HP09は空気清浄ファンヒーターの最上位モデル。

本記事では

  • ホルムアルデヒドを検知、分解する機能
  • カラーの違い
  • 価格の違い
  • おすすめの人

について、主婦目線でしっかりお伝えしていきますね。

それではHP09とHP07の違いについて本文をご覧ください。

HP09はこちら↓

HP07(ホワイト/シルバー)はこちら↓

HP07(シルバー/ブルー)はこちら↓

HP09とHP07の違いを詳しく解説!

冒頭でお伝えしたとおり、HP09とHP07両モデルの違いは3つです。

  • ホルムアルデヒドを検知、分解する機能のある/なし
  • カラー
  • 価格
それでは詳しくお伝えしていきます!

ホルムアルデヒドを検知、分解する機能のある・なし

ダイソン ホルムアルデヒド

出典:ダイソン公式サイト

 

今回、HP09に新たに追加されたのはホルムアルデヒドを検知、分解する機能です。

【違い】

HP09=ホルムアルデヒドを検知、分解する機能あり

HP07=ホルムアルデヒドを検知、分解する機能なし

HP09に追加されたのはダイソン独自の触媒フィルター!

ホルムアルデヒドを連続的に捕らえて少量の水とCO2に変換することができる触媒フィルターなんです。

HP09の一番の魅力はホルムアルデヒド除去機能といえますね。

そもそもホルムアルデヒドって何?

ツンとした刺激臭のある気体。接着剤として家具や建物などに使われています。

ホルムアルデヒドの何が問題なの?

いやな匂いだけでなく、人体に悪影響を及ぼすことです。

室内の空気中に漂うホルムアルデヒドが

  • 頭痛やめまい
  • 鼻水、咳
  • 喉がすぐ乾く
  • 目がチカチカする
  • 涙が出る

など、不快な症状をもたらすことがあるんですよ。

シックハウス症候群の原因の一つと言われています。

HP09に追加されたホルムアルデヒドを検知、分解する機能はシックハウス症候群に悩む方におすすめな機能と言えますね。

 

カラーの違い

ダイソンHP09とHP07 カラー

HP09のカラーは一種類のみ。

  • ホワイト/ゴールド

になります。

最上位モデルにぴったりなゴージャス感があるゴールドですね。

HP07のカラーは2種類。

  • ホワイト/シルバー
  • シルバー/ブルー

どちらもシンプルでお部屋の雰囲気に合わせやすいカラーです^^

価格の違い

2022年10月現在、ダイソン公式の価格は下記のとおりです。

  • HP07=81,400円(税込)
  • HP09=92,400円(税込)

価格差=11,000円。

この価格差はHP09の搭載されているダイソン独自のホルムアルデヒド分解フィルター分の価格と言えます。

HP09の価格は高くなりますが、ホルムアルデヒド分解フィルタはホルムアルデヒドを分解する触媒が自己再生するので交換不要な点は嬉しいポイント!

今後、追加でフィルターを購入する必要がないのがメリットですね。

注意ポイント

空気清浄機のフィルターについては交換が必要です!

HP09はこちら↓

HP07(ホワイト/シルバー)はこちら↓

HP07(シルバー/ブルー)はこちら↓

HP09とHP07 共通の機能や仕様について

HP09とHP07に共通する機能を表にまとめました。

機能 HP09 HP07
空気清浄機能
扇風機・ヒーター機能
首振り機能
ナイトモード
Linkアプリ機能
LCDディスプレイ搭載

 

  • 高性能HEPAフィルターがハウスダスト、花粉、ウィルスをキャッチ
  • PM0.1まで99.95%閉じ込めて空気を浄化
  • 350度首振り機能で浄化された空気を部屋中に循環
  • ナイトモードで静音運転やディスプレイの減光が可能
  • MyDysonアプリと連携し、スマホで部屋の空気状態をモニター可能
  • スマートスピーカーと接続し、ハンズフリー操作が可能
  • LCDディスプレイに空気状態を表示

ダイソンの空気清浄機はスタイリッシュでカッコいいデザインが魅力!

その上、HP09とHP07(purifier Hot+Coolシリーズ)は空気清浄器+扇風機+ヒーターの3つの機能があるので、1年じゅう使える利便性の高いところがいいですね。

価格は高いですが、多機能でストレスなく使える工夫が満載のモデルです♫

HP09がおすすめの人

シックハウス症候群の症状に悩んでいて、ホルムアルデヒド除去をしたい人はH09がおすすめです。

ホルムアルデヒドは0.1ミクロンサイズの粒子の500分の1という非常に小さな大きさ。

そのため捕らえることが難しい化学物質です。

そこでダイソンは、HP09に固体ホルムアルデヒドセンサーやダイソン独自の酸化分解触媒フィルターを搭載。

独自のアルゴリズムでホルムアルデヒドを正確に探知し、ダイソン独自の酸化分解触媒フィルターでホルムアルデヒドを捕らえ、分解することを可能にしました!

しかし空気中のホルムアルデヒド濃度を低くする効果があっても、シックハウス症候群を完璧に防ぐことは難しいもの。

あくまでも補助的な対策として使用することをおすすめします。

 

HP07がおすすめの人

ホルムアルデヒドの除去機能を求めない人HP07をおすすめします。

先述したとおり、HP07は高性能モデル。

高性能HEPAフィルター

高性能HEPAフィルターでPM0.1まで99.95%閉じ込めて空気を浄化することができる(*1)ので、洗浄機能は優れています!

*1.欧州規格EN1822に準拠し、第三者機関SGS-IBR(米国)が2021年に実施した、0.1μm以下の粒子を対象に最大風量にて行ったフィルター性能試験結果

その上、首振り機能やナイトモードなどの便利な機能が満載なので、ホルムアルデヒド除去にこだわらない方はHP07で十分かと思います。

まとめると、

  • ダイソンのスタイリッシュなデザインが好き
  • 空気洗浄機と扇風機とヒーターを一台で使える利便性が好き
  • 高水準の空気洗浄力
  • アプリ連動で楽に使いたい
  • ホルムアルデヒドの除去機能を求めない

といった方におすすめのモデルです^^

 

まとめ

ダイソンHP09とHP07、両モデルの違いについてご紹介しました。

違いは次の3つです。

  • ホルムアルデヒドを検知、分解する機能のある/なし
  • カラー(ゴールド/シルバー)
  • 価格

HP09がおすすめなのは

シックハウス症候群の症状に悩んでいて、ホルムアルデヒド除去をしたい人。

HP07がおすすめなのは

ホルムアルデヒド除去にこだわらない人です。

ダイソンHP09とHP07は共に高性能なモデル。

ホルムアルデヒド除去にこだわらない人はHP07の機能で十分だと思いますよ^^

HP09とHP07の違いを知りたい方の参考になれば、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

HP09はこちら↓

HP07(ホワイト/シルバー)はこちら↓

HP07(シルバー/ブルー)はこちら↓

-空気清浄機
-,