KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40の違いを比較!シャープ加湿空気清浄機

空気清浄機

KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40の違いを比較!シャープ加湿空気清浄機

KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40はシャープ独自のプラズマクラスター搭載の加湿空気清浄機。

置き場所に悩まないスリムタイプのモデルです。

この3型番は発売された年が違いますが、機能やスペック、カラーはすべて同じです!

  • KI-RS40  2022年発売 9月発売
  • KI-PS40  2021年発売 11月発売
  • KI-NS40  2020年発売   9月発売

違いはただ一つ!

価格です。

機能もスペックも同じであるため、最新モデルへのこだわりがない方は現時点で価格が一番安いKI-NS40 の方がおすすめです!

それでは、KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40の違いについて詳しく紹介していきますね。

▼最新 !  KI-RS40▼

▼ 旧モデル  KI-PS40 ▼

【新品/取寄品】SHARP 加湿空気清浄機 KI-PS40-W ホワイト 約10畳対応 最大加湿量420mL/h プラズマクラスター25000 シャープ

旧モデル  KI-NS40 ▼

KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40の価格の違い

冒頭でお伝えしたとおり、KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40の違いは価格です。

機能やスペックはすべて同じなので、選ぶポイントは価格になってきますね!

それでは2022年現時点の、それぞれの価格を見ていきましょう。

最新モデルKI-RS40の価格

KI-RS40は2022年9月に発売された最新モデルです。

2022年11月 現時点の価格は41000円台〜62000円台と幅がありますが、40000円台後半の価格が多い印象です。

最新モデルのため、一KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40の中で一番価格が高いですね。

できるだけ安く購入したい方にはおすすめではありませんが、最新モデルにこだわりたい方はKI-RS40がおすすめです。

▼最新 !  KI-RS40▼

2021年モデルKI-PS40の価格

KI-PS40は2021年11月に発売された旧モデルです。

2022年11月時点では20000円前後の価格が多い印象です。

シャープの空気清浄機は型落ち(旧モデル)の在庫が多く、価格が安くなっているものが多いのが嬉しいポイント!

日々価格は変動しており、KI-PS40もまだまだ価格が下がっていくと思われますよ

まめにチェックして安いタイミングで購入するのも良いでしょう!

▼ 旧モデル  KI-PS40 ▼

【新品/取寄品】SHARP 加湿空気清浄機 KI-PS40-W ホワイト 約10畳対応 最大加湿量420mL/h プラズマクラスター25000 シャープ

2020年モデルKI-NS40の価格

KI-NS40は2021年9月に発売された2年前のモデルになります。

2022年11月時点では17000円台からで19000円後半の価格が多い印象です。

KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40の3型番のうち、一番価格が安いのはKI-NS40ですね!

よってできるだけ安く購入したい方はKI-NS40をおすすめします^^

3型番共通の機能や特徴

KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40の3型番共通の機能や特徴をまとめました。

参考にご覧ください♫

プラズマクラスター25000搭載

プラズマクラスターとはシャープ独自の空気清浄技術。

空気中にイオンを放出し、空気を浄化することができます。

"25000"とは空気を清浄するために放たれるイオンの放出量を表す数値。

モデルによってイオンの放出量が異なります。

プラズマクラスター7000、プラズマクラスター25000、プラズマクラスターNEXTと3つのモデルがあり、KI-NS40(KIシリーズ)は中間のプラズマクラスター25000になります。

スピード循環気流

部屋全体に風が素早く流れ、行き渡る「スピード循環」機能があります。

遠く離れたところにあるホコリも本体の背面全体の吸引口からパワフルに吸い取ることができます!

プラズマクラスターイオンが静電気を取り除きながら、効率よく集じんすることができます。

パワフル吸じん運転

花粉などの微粒子を一気に取り除くことができる運転のこと。

吸じんボタンを押すと60分の間に微粒子を通常より多く吸じんすることができます。

具体的にいうと最初の10分はプラズマクラスターを大量に放出!微粒子が壁に張り付くのを防ぎながら一気に吸じんします。

あとの50分で高感度ホコリセンサーの感度を自動であげて、強めの風力で吸じんすることができます。

花粉の時期、帰宅した時に役立つ機能ですね!

加湿効果もある

空気が乾燥する冬場も空気清浄以外に、加湿できる機能があります。

加湿量は最大 420mL/hと多くはありませんが、電気代も安く、一日中静音運転をした場合の電気代はたったの約2.1円!

その上、次のような嬉しい機能もありますよ。

  • タンクやトレーのぬめりや匂いの元である水中の菌を抑制する「Ag⁺イオンカートリッジ」
  • 5年間交換不要の「抗菌・防カビ加湿フィルター」

加湿器はメンテナンスが大変なので、このような除菌効果があるパーツがあるのは嬉しいですね♪

スリムでコンパクト

KI-NS40はスリムでコンパクトな形状で、約10畳のお部屋に適するモデル(KIシリーズ)です。

置き場所に困らない大きさなので、部屋で邪魔にならないところが嬉しいポイントですね^^

3型番に共通する仕様

最後にKI-RS40、KI-PS40、KI-NS40、3型番に共通する仕様について紹介します。

浄化方法 「プラズマクラスター25000」空中浄化&フィルター浄化
プラズマクラスター適用床面積(目安) 約10畳(約17m²)
加湿方式 気化方式
加湿量 最大 420mL/h
給水トレー容量 約2.0L
待機時消費電力(W) 約0.3 W
外形寸法 幅280×奥行260×高さ622mm
重さ 約6.7kg
電源コード長さ 約1.8m
フィルター 集じん・脱臭一体型フィルター(交換目安:約2年)
抗菌・防カビホコリブロックプレフィルター/使い捨てプレフィルター
独自気流
スピード循環気流
センサー ニオイ / 湿度 / 温度
モニター 3段階湿度モニター / きれいモニター

出典:シャープ公式サイト

 

まとめ

KI-RS40、KI-PS40、KI-NS40は発売された年が違いますが、機能やスペック、カラーはすべて同じであることをお伝えしました。

違いは 1つ!価格でしたね。

現時点(2022年11月)ではKI-NS40(2020年発売)が一番価格が安いです!

最新モデルへのこだわりがない方はKI-NS40(2020年発売)の購入をおすすめします♪

シャープ空気清浄機の購入を検討している方の参考になれば、幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

▼最新 !  KI-RS40▼

▼ 旧モデル  KI-PS40 ▼

【新品/取寄品】SHARP 加湿空気清浄機 KI-PS40-W ホワイト 約10畳対応 最大加湿量420mL/h プラズマクラスター25000 シャープ

旧モデル  KI-NS40 ▼

-空気清浄機
-,