空気清浄機

MC-55ZとMC-55Yの違いを徹底比較!ダイキン空気洗浄機

今回はダイキンのコンパクト空気洗浄機、MC-55ZとMC-55Yの両型番の違いについてご紹介します。

まずお伝えしたいのは、2つの型番は同じモデルであるということ

ただし、発売された年が異なるため、MC-55YはMC-55Zの型落ちということになります!

  • MC-55Y ➡️ 2021年 10月発売 (2022年度モデル)
  • MC-55Z ➡️ 2022年 10月発売 (2023年度モデル)

続いて、MC-55ZとMC-55Yの違いは次の2つになります。

  • プラグ形状の違い(L字型か通常型か)
  • 価格の違い

上記の2つ以外は、機能や仕様、すべて同じになりますよ^^

【結論: 違いは2つのみ!】

型番 プラグ形状 価格の違い
MC-55Y 通常プラグ MC-55Zより安い
MC-55Z L字型プラグ MC-55Yより高い

L字型のプラグにこだわりがなければ、その他の機能や仕様は同じなため、価格が安い旧型番MC-55Yがおすすめです

それでは、本文で「プラグ形状の違い」や「価格の違い」について詳しく解説していきますね。

MC-55Yはこちら▼


MC-55Zはこちら▼


MC-55ZとMC-55Yの違いを比較

冒頭でお伝えした通り、両型番は同じモデルですが、販売された年が異なります。

まぎらわしいのですが、

  • 2021年 10月発売されたMC-55Y →  2022年度のモデル
  • 2022年 10月発売されたMC-55Z →  2023年度のモデル

になります。

MC-55Yが最新のモデルかと思ったら2021年製が届いた」という内容の口コミがいくつか目に留まったのですが、MC-55Yは2022年度モデルと名付けられていますが、製造年は2021年の型落ちになります。

ここのところを間違えやすいので、注意が必要なポイントだと感じました。

それでは、2つの型番の違いについて詳しくみていきましょう!

プラグ形状の違い

1つ目の違いはプラグの形状です。

旧モデルのMC-55Yは通常型のプラグですが、新モデルのMC-55ZはL字型のプラグ形状になります。

  • MC-55Y → 通常型のプラグコンセント
  • MC-55Z →L字型のプラグコンセント

L字型のプラグは

  • プラグが断線する危険を避ける
  • 空気清浄機を壁際に置くことが可能
  • すっきりして、邪魔にならない

といったメリットがあり、より安全に、便利に使うことができると思います。

狭い部屋でも空気清浄機の位置決めの選択肢が広がりますね♫

一方、空気清浄機を置く位置にこだわりがなく、プラグを邪魔に感じない方は通常のストレートタイプのプラグで良いかと思います!

 

価格の違い

2022年11月現在の価格は次の通りになります。

型番 楽天 Amazon Yahoo!ショッピング
MC-55Y 32600円(税込) 30030円(税込) 32480円(税込)
MC-55Z 49280円(税込) 49280円(税込)

新モデルは発売されて間もないこともあり、大きな値下げはなく、高額ですね。

両型番の価格を比較すると、2022年11月現在で16000円以上の違いがありますが、時期によって価格は変動するものです。

現時点の価格を知りたい方は、次のリンクから確認してみてくださいね。

MC-55Yはこちら▼


MC-55Zはこちら▼

 

さて、結論をいうと現時点では価格の安いMC-55Yがおすすめです!

【理由】

  • L字プラグ以外、両型番の機能や使用に差がない
  • 現時点で旧モデルMC-55Yの方がだいぶ安い

MC-55Yは型落ちモデルのため、今後在庫が減っていくことが予想されますが、価格重視で選びたい方はMC-55Yを購入してくださいね。

 

MC-55ZとMC-55Yに共通の機能や特徴

ここでは、MC-55ZとMC-55Y両型番に共通する機能や特徴についてご紹介します。

MC-55ZとMC-55Yはダイキンの空気清浄機でコンパクトで加湿機能のないモデルです。

空気清浄は~25畳(~41㎡)と広範囲をカバーできますよ!

それでは詳しい機能や特徴について見ていきましょう。

ダイキンの魅力はダブル方式!

ダイキンの空気洗浄機はパワフルな吸引力と除菌力が魅力で口コミでも大変評価が高いんですよ。

それは2つの技術によるものです。

① ストリーマによる分解←ダイキン独自の技術

ストリーマとはプラズマ放電の一種で、有害化学物質を分解することができます。

分解力はなんと約100,000℃の熱エネルギーと同等とのこと!

カビやダニ、花粉などのアレル物質やホルムアルデヒドなどの有害化学物質を抑制することができます。

②アクティブプラズマイオンを放出

プラズマ放電によりイオンを空気中に放出。

カビ菌やアレル物質などの表面に付着し、空気中でタンパク質を酸化分解することができます。

 

TAFUフィルター

10年間交換不要の集塵フィルターがなんといっても魅力ですね!

集塵フィルターは撥水、撥油効果の高い素材を使用しているため、汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくい特徴があります。

また、0.3μmの微細な粒子を99.97%除去可能(*)で、高性能なのも嬉しいですね。

(*)フィルターの除去性能であり、部屋全体への除去性能とは異なります。

コンパクトなデザイン

高さが50cmで、ローチェストやテーブルの上に置くこともできます。

狭い部屋でも自由に配置しやすいのも嬉しいメリットですね。

 

運転音が静か

吹き出し口を広くし、フィルターの下部にファンを設置することで、運転音を小さくする工夫が施されています。

音に敏感な方、小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心して使うことができそうですね♪

 

簡単で便利な機能

その他にも次のような機能があります。

  • パネルを開かず掃除が可能
  • 操作シート部分が抗菌素材
  • 無駄を省く!節電運転あり
掃除が簡単で、衛生的!その上、節電ができるところもいいですね♫

まとめ

本文では、ダイキンの空気洗浄機、MC-55ZとMC-55Yの両型番の違いについてご紹介します。

違いは次の2つです。

  • プラグ形状の違い(L字型か通常型か)
  • 価格の違い

2つの型番はプラグの形状以外、機能や仕様に違いはないので、価格の安い旧モデルのMC-55Yがおすすめであることをお伝えしました。

MC-55ZとMC-55Yはパワフルな吸引力と洗浄力が魅力のコンパクトタイプの空気清浄機です。

L字型プラグにこだわりがない方はできるだけ費用を抑えられる旧モデルのMC-55Yがおすすめです♫

本記事があなたの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

MC-55Yはこちら▼


MC-55Zはこちら▼

-空気清浄機